座って、横になって、子規の目線になれる唯一の史跡・・・根岸子規庵

最新情報

2024年05月23日

6月公開日のお知らせ

子規庵の糸瓜苗も揃い、新たな糸瓜棚に蔓を伸ばし始めました。

紫陽花も花を咲かせ始め、1週間余りで6月になる事を実感させます。

6月の公開日

1日(土)、2日(日)、5日(水)、

8日(土)、9日(日)、12日(水)

15日(土)、16日(日)、19日(水)

22日(土)、23日(日)、26日(水)

29日(土)、30日(日)

老朽化した西側の新たな板塀の施工が終わりました。

6月に、黒板塀へのペンキ塗り作業を予定します。日程が決まり次第、作業ボランティアの募集を行いますので、宜しくお願いします。

2024年04月28日

5月の子規庵公開予定

早いものでもう5月です。

先日は、一般ボランティア7名を含む20名により糸瓜棚の架替え作業が終わり、糸瓜の苗植えを待つばかりとなりました。

昨年は暑さで花が咲かず、9月に糸瓜がぶら下がっていない糸瓜忌を迎えることとなりました。今年こそ、子規の見ていた風景を皆さんで共有したいと思っています。

子規庵の小園も、ボケの花や山吹も終わり、射干(シャガ)と野ばらが小園を彩っています。雑草の花にも毎日アゲハ蝶が訪れています。

5月公開日

1日(水)、3日(金・祝)、4日(土・祝)、

5日(日・祝)、6日(月・振替)、

8日(水)、11日(土)、12日(日)、15日(水)、

18日(土)、19日(日)、22日(水)、25日(土)、

26日(日)、29日(水)

今月は連休も有り、15日間の公開となります。

折角の連休ですからご旅行も良いですが、子規庵のゆったりした時間の中でリフレッシュされるのは如何でしょうか。

2024年04月14日

ようやく春らしい庭になってきました。

子規庵の庭もようやく春らしくなってきました。

雑草も多いのですが、今咲いているお花を少しご紹介します。

少しずつですが小園も賑やかになりつつあります。

今月末までには、新しい糸瓜棚も完成する予定です。

初夏に迎う子規庵にお出かけください。

2024年04月10日

根岸が賑やかになります。

子規庵から歩いて1分。

初代林家三平師匠の記念館「ねぎし三平堂」が4年ぶりに再開します。

コロナ禍で休堂されていましたが、レイアウトを変更し、新たな展示物を加えて益々充実した展示となるようです。

4月13日にプレオープン、4月14日から通常開堂です。

   三平堂開堂日    毎週 水曜・日曜 

   開堂時間      午前11時~午後4時

   入堂料       1,000円

   ※開堂日が予告なしに変更される場合もありますので、http://www.sanpeido.comでご確認ください。

                   

子規庵は、水曜、土曜、日曜、祝日の公開です。水曜、日曜に根岸に来られましたら、どうぞ子規庵と三平堂のはしごをお願いします。

2024年03月26日

4月公開日のお知らせ

早いものでもう3月も数日となりました。

子規庵は昨年5月から土日、祝日の公開を行っておりますが、1年を経てようやく次のステップに進むことにしました。

令和6年4月より、子規庵は原則土日祝日に加え水曜日を公開日といたします。

平日公開が無いためにお出かけ頂けなかった皆様、1日だけですが平日の公開日が増えました。

4月公開日

3日(水)、6日(土)、7日(日)

10日(水)、13日(土)、14日(日)

17(水)、20日(土)、21日(日)

24日(水)、27日(土)、28日(日)、29日(月祝)

※21日(日)は公開日ですが、老朽化した糸瓜棚架け替え作業の為、小園に降りることはできません。ご来庵の皆様にはご不自由をお掛けいたしますがご理解のほどお願い申し上げます。

2024年01月04日

令和6年能登半島地震へのお見舞い

令和6年1月1日に発生した能登半島を震源とする地震によりお亡くなりになられた方々に哀悼の意を表すとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地では余震が続き不安な日々が続いていることと存じますが、皆様の安全と一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。

また、被災地におきまして救済と復興支援にご尽力されている方々に深く敬意を表します。


リンク

創業320年

笹乃雪

     創業320年の豆富料理

文政二年創業

羽二重団子

       「吾輩は猫である」

こごめ大福

竹隆庵 岡埜

     根岸に息づく伝統和菓子

お花屋

根岸 花ふじ

    根岸で三代続くお花の専門店

土・日・水

ねぎし三平堂

     初代林家三平師匠記念館

カレンダー

交通案内

子規庵

笹乃雪

羽二重団子

竹隆庵 岡埜

根岸 花ふじ

ねぎし三平堂

  • 子規庵マーク

    子規庵

    鶯谷駅( JR山手線 / 京浜東北線)

    鶯谷駅北口から徒歩5分。明治の俳人・ジャーナリスト正岡子規が約8年住んだ終焉の地。東京都史跡指定。昭和25年に再建された建物ですが、一歩庵に入れば子規の世界が広がります。四季折々の小園と、糸瓜の棚にぶら下がる糸瓜の青さに、子規の創作世界に思いを馳せてください。

  • 笹乃雪マーク

    笹乃雪

    鶯谷駅( JR山手線 / 京浜東北線)

    鶯谷駅北口から徒歩2分。 武蔵野水脈の井戸水を使い、赤穂浪士、正岡子規にも供された当時の製法そのままの伝統の豆富料理が頂けます。コース料理だけではなく、お豆富と焼き鳥とビールで一杯もお座敷で楽しめます。  

  • 羽二重団子マーク

    羽二重団子

    日暮里駅( JR京浜東北線 / 常磐線)

    日暮里駅南口より徒歩4分。 もうすぐ創業200年。正岡子規、夏目漱石、泉鏡花、田山花袋、司馬遼太郎等数々の作品に出てくる芋坂の団子。きめ細かく羽二重のようと賞された菓名が商号となりました。

  • 竹隆庵 岡埜マーク

    竹隆庵 岡埜

    鶯谷駅 (JR山手線/京浜東北線) 入谷駅(メトロ日比谷線)

    JR鶯谷駅、地下鉄日比谷線入谷駅より徒歩7分。 江戸時代の呉竹の里から明治の文人墨客の住む根岸を語り継ぐ、伝統和菓子、新作和菓子のお店。 江戸百景に描かれた名勝お行の松がすぐ近くにあります。古き根岸の名残を残す柳通りも楽しめます。

  • 根岸 花ふじマーク

    根岸 花ふじ

    鶯谷駅(JR山手線/京浜東北線)

    鶯谷駅北口より徒歩3分。 フラワーアレンジメント全国大会の入賞者を何人も輩出しているお店です。一緒に毎年7月1日から「子規の朝顔」イベントで、根岸からの変化朝顔を発信しています。子規庵の床の間のお花も提供して頂いています。  

  • ねぎし三平堂マーク

    ねぎし三平堂

    鶯谷駅(JR山手線/京浜東北線)

    鶯谷駅北口より徒歩5分。 昭和の爆笑王林家三平師匠の記念館。故三平師匠の衣装やネタ帳等、沢山の思い出の品々がご覧になれます。毎月第三土曜日には落語会も開催されています。 「どうもすみません、日曜日も開堂しております」 土・日・水曜日が開堂日です。